ネチカ 〜野良学的秩序によって証明された〜

世間をゴロニャンと斬りまくる、ネコの哲学。




ネチカ79

f:id:goodrock:20160705151641j:plain

私たちは日々、起こった出来事とその意味を考えながら生きています。「何故こんな出来事が起こったんだろう?」「私(orあいつ)はどうしてこんなコトをしたんだろう?」などなど。出来事と意味を結びつけようとすると、あれこれ悩んでしまうことも多いですね。
たまに猫も、こちらを見て「なあぜ?」なんて顔をする(オモチャを隠された時とか)ので「出来事と意味」という認識があったりするんじゃないかと思ったりします。
ある哲学者は常に更新される現在の直線的な時間とは区別される、過去と未来に引き裂かれた別の時間を「出来事=意味」は形成すると考えたりしました。面白いですが、ややこしくてかなり難解な哲学です。
かように「出来事」と「意味」をどのように扱うかはなかなか厄介な問題です。いっその事「出来事に意味なんてない」とバッサリ切り捨てると「過去も未来もない現在をひたすら生きる」、つまり「到来するのではない、自ら起こす出来事と、自ら生み出す意味」となり、能動的でキッパリした生き方が出来そうな気がしてきます。