読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネチカ 〜野良学的秩序によって証明された〜

世間をゴロニャンと斬りまくる、ネコの哲学。




ネチカ188

f:id:goodrock:20160902101520j:plain

大人になったら誰にも躾けてもらえなくなってしまう、ということは肝に銘じておかなければならないのであります。
また、忠告してくれる人を大切にするべきなのであります。
さもないと入るべき穴を探すはめに陥るのであります。

ネチカ187

f:id:goodrock:20160901105920j:plain

「〝パンを食べながら走る少女、曲がり角で男子とぶつかり…〟というエピソードは少女漫画のベタな展開の定番のように云われているが実際には元ネタを特定するのが困難なくらいまれな例」というのはよく聞く話ですが、ジャック・タチのフランス映画『のんき大将 脱線の巻』(1949)の冒頭ではパンを食べながら走る幼女(もしかしたら男の子)というのが登場します。
まあ、関係はないでしょう。
そしてチクワをくわえて走る猫というのを私は実際に見て、感動したことがあるような気がするのですが、気のせいかもしれません。

ネチカ186

f:id:goodrock:20160901003959j:plain

私はじゃれ合ったりふざけ合ったりしている時に幸福を感じるし、何かを手に入れている感じがします。
家族とでも良いですし、同僚とでも良いですし、友とでも良いですし。たあいない関係が成立するのって、重要なんじゃないかと。
え? 猫や犬とはどうなんだって? それは家族の内です。

ネチカ185

f:id:goodrock:20160831093615j:plain

思想、潮流、カルチャー、ムーブメント。私はそのアタマに「怪しげな」とつくのが結構好きだったりします。
そして、そういうのにカブレちゃってるオニイサンやオネエサンも結構好きです。
「新しい時代が来る!」とか言われると、ちょっとグッと来ませんか。
信じないっスけどね。

ネチカ184

f:id:goodrock:20160831090841j:plain

結局、自分を捜したところで、不都合な現実は見ないようにしているのなら、ナルシズムと同じになってしまうんですよね。

ネチカ182

f:id:goodrock:20160830085049j:plain

滴り落ちてこないっすね。トリクルもダウンもしてこないです。まあ、今となっては各方面で否定されて、あまり聞かなくなった、というかなかったことになってますね。期待してたんだけどなぁ。
まあ理論的にはどうだか知りませんが、物理的にお金は滴り落ちないですね。ヒラヒラ舞い落ちたり、チャリーンと落ちて来たりはしますが。
いずれにせよなんとなく「下品な考え方だよな」と、密かに思っていたりしました。
え? さっき「期待してた」って書いたくせにって?
だから下衆な感じで期待してたんでゲスよ。

 

追記:書き忘れていたのですが、まじめな話、お金って基本は稼いで手にするもの(家庭がある人は世帯主がですし、扶養家族でも家の仕事はしている)だったりするので「滴り落ちる」なんて、ちょっと全ての働く人を馬鹿にした考えだよなと。

ちなみに、昔は働けない人々を社会から排除する傾向でしたが、「福祉」という制度によってそういった境遇の人々も援助し社会に受け入れるように進歩してきたのだと思います。

そして現在は「仕事が消失する」という時代になってきていますが、いささか脱線気味なのでまた別の機会に。

ネチカ180

f:id:goodrock:20160828092817j:plain

ポップミュージックはその時代のポピュラーな機械で再生するのがグッと来ます。
蓄音機でSPならレクオーナキューバン・ボーイズ、ラケル・メレ、カルロス・ガルデル、ラ・ニーニャ・デ・ロスペイネス。ステレオコンポでLPならザ・ビートルズザ・ビーチボーイズ、ポリス、細野晴臣トロピカル三部作サディスティック・ミカ・バンド、パパ・ウエンバ。ラジカセでテープかエアチェックならクラッシュ、フライング・リザース、サザン・オールスターズ、山下達郎松任谷由実。CDラジカセならU2XTC、レディオ・ヘッド、スピッツ宇多田ヒカル椎名林檎。データでスマホやパソコンならレイ・ハラカミPerfume、Pearl and the Beard。
上記はごく一部ですが私の体験での個人的な感想です。

ネチカ179

f:id:goodrock:20160826230331j:plain

猫の表情を見ていると、飽きるということがないし時間が経つのが早く感じられます。
色んなことを考えさせられるのですが、そのどれひとつとして正解はないし、そもそも確かめようがありません。
わかり合えない、コミュニケーションが取れない、解きようがない。
でも、そういった関係が愛情に転化してしまう、むしろ余計に愛しくなる。
なんとも不思議です。